ムダ毛を自己処理する

ムダ毛の自己処理ムダ毛の処理方法を選ぶポイントは、

  • 仕上がりの綺麗さ
  • 肌へのダメージ
  • 毛穴へのダメージ
  • 掛かる費用
  • 掛かる手間や処理頻度

など色々ありますが、残念ながらこれらを全てで満足できる処理方法はないでしょう。

ですので、どんなことを重要視するかによって、人それぞれ一番いいムダ毛処理方法は変わってきます。

自己処理の方法

ムダ毛を自己処理する方法にもいろいろあります。一般的な、カミソリで剃る、毛抜きで抜くという方法の他にも、毛を焼き切ったり薬剤で溶かしたりと、実に様々です。

いろんな処理方法を比較して、ご自身に合った処理方法を見つけて下さい。

毛を剃る

毛を剃る

カミソリや電気シェーバーを使用して毛を剃る方法です。

カミソリは肌ダメージが大きく、電気シェーバーやトリマーは肌への負担は少ないですが深剃りは出来ません。

毛を抜く

毛を抜く処理

毛抜き(ピンセット)や、ワックスなどでムダ毛を抜く方法です。

毛穴を傷めてしまったり、埋没毛が起こりやすいなど、デメリットがとても大きな方法です。

毛を焼き切る

毛を焼く処理

ヒートカッターや、サーミコン式と呼ばれる機械で毛を焼き切る方法です。

使用する場合は、ヤケドに注意して下さい。

薬剤での除毛、抑毛、脱色

薬剤でのムダ毛処理除毛剤(脱毛クリーム)は毛を溶かす方法、脱毛剤は毛の色を抜いて目立たなくする方法です。どちらも肌への負担が大きいです。

抑毛剤は毛の成長を抑えることができますが、効果には個人差があります。

おすすめ自己処理方法

処理する目的、掛ける費用や手間などによって、オススメする処理方法は違います。

  • 広範囲を手早く処理したい
  • 産毛や、細かい個所を処理したい
  • お金を掛けずに処理したい
  • とにかく「毛」をキレイに処理したい
  • 毛を薄くしたい
  • 処理する頻度を少なくしたい
  • 手が届かない部分を処理するには?
  • チクチクを抑えたい

残念なことに、これらすべてを同時にかなえられるムダ毛処理方法はありません。どの方法にも必ずメリットとデメリットが隣り合わせにあります。

自己処理のトラブルや悩み

処理トラブル

ムダ毛を自分で処理していると、いろんなトラブルがつきものです。

肌を綺麗に見せようとしてムダ毛を処理しているのに、逆に肌が荒れたり黒ずんだりして汚くなってしまったりすることがあります。

一時的なものならまだ良いのですが、繰り返し行うことでそれが慢性化してしまったり、取り返しのつかない醜い跡が残ってしまったりする場合もあります。

自己処理の悩み

ムダ毛を自己処理している限り、どんなに綺麗に処理てもムダ毛はまた生えてきます。まずこれが一番の悩みで、そもそもの元凶といえるでしょう。

そのおかげで、処理する時間が勿体ないと感じたり、毛がチクチクしたり、処理したのに毛が目立ってしまうなど、いろんな悩みが生まれます。

自己処理をしているみなさんは、多かれ少なかれムダ毛に悩みを持っていらっしゃるようですね。