脱毛ワックスや脱毛テープの特徴

脱毛ワックス1本1本毛抜き(ピンセット)で抜くのは大変ですが、ワックスやテープなら一度に広範囲のムダ毛を引き抜くことができます。

ただし毛抜き以上に毛穴へのダメージが大きく、日常的に行うムダ毛処理法としては、決しておすすめはできません。

当サイトからの評価

仕上がり仕上がりの良さ
★★★☆☆ 3pt

脱毛ワックスでの処理イメージ毛が抜けた部分はキレイに見えます。でも短い毛は抜けにくいですし、けっこう抜き損じが多いです。
埋もれ毛ができやすいですし、毛穴がキレイに見えません。
トータルすると、見た目はイマイチだといえるでしょう。

仕上がり肌ダメージの少なさ
★☆☆☆☆ 1pt

ワックスやテープは、肌の角質を無理やり引き剥がします。肌へのダメージの大きい処理方法です。

毛穴ダメージ毛穴ダメージの少なさ
★☆☆☆☆ 1pt

毛穴に与えるダメージは毛抜き(ピンセット)より大きいです。毛抜きとは違い、毛の生える方向と逆に引っ張って引き抜くからです。

費用費用の安さ
★★☆☆☆ 2pt

脱毛ワックスは数千円。ワックスシートや脱毛テープは数百円で10枚以上入っています。
ですがこれでいろんな部位を処理しようとすれば結構なお値段が掛かります。

手間手間の少なさ
★★★☆☆ 3pt

一度にたくさんの毛をまとめて抜けるので毛抜きよりは楽ですが、他の処理方法と比べて楽とはいえませんね。抜き損じた毛は毛抜きで抜かなければいけませんし…。
でも毛はしばらく生えてきませんので、処理頻度は少な目です。

ワックス脱毛って?

毛抜きという面倒なムダ毛処理方法を、スピーディーに簡単にしたのが、脱毛ワックスやワックスシート、脱毛テープです。

ワックスに用いられるのはハチミツや松ヤニ、ミツロウなどの天然成分がほとんどですから、ワックス自体は肌に優しい成分です。問題は毛を抜くという行為そのものです。

ワックス脱毛はサロンなどお店でやってもらうことも可能です。ただし、サロンでの料金は結構高いです。

ブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックスは、ビキニライン(Vライン)や性器周り(Iライン)、肛門周り(Oライン)などのアンダーヘアをワックス脱毛することです。ブラジルのサンバのようなきわどいビキニ(Tバック)でもアンダーヘアがはみ出さないようにキレイに下の毛を処理するための方法です。

しかし最近では、ワックス脱毛自体をブラジリアンワックスと呼ぶことも多いですね。

ちなみにハイジニーナとは、アンダーヘアを脱毛(毛を生えてこなくする処理)した状態のことをいいます。

やり方のポイント

ワックスでムダ毛処理、やり方

  • やり方は、使用するワックスの種類によって多少異なりますが、塗って(貼って)→毛を絡ませて→一気に剥がす、という流れは同じです。
  • 固形のワックスは、温めて溶かす必要があります。
    温めすぎによるヤケドに気をつけてください。
  • 例外もありますが、基本的には毛の流れに逆らって剥がします。
  • 短すぎる毛は抜けませんし、抜き残しがよくありますので、気になったらピンセットなどで抜いてください。
  • 処理後は毛穴だけでなく、皮膚も大きなダメージを受けています。
    保湿ケアはしっかりと行って、肌は清潔を保ってください。

よく起こるトラブル

ワックスで起こるトラブル


埋没毛

埋没毛

毛抜きと同様、埋没毛の起こりやすいムダ毛処理方法です。ワックスや脱毛テープは毛を、毛の生えている方向と逆に引っ張りますので、さらに埋没毛が起こりやすいといえます。


肌荒れ

肌荒れ

ワックスを剥がすときに肌の角質も一緒に奪い取ってしまいます。

皮膚の古い角質を除去することで肌のターンオーバーが促進され、美肌効果が期待できるという意見もあります。しかし実際のところは、肌が角質を失って刺激に弱く乾燥しがちになるというデメリットの方が大きいようです。


毛嚢炎

毛嚢炎

毛を無理矢理引き抜くと毛穴の内部が傷ついて、そこに細菌が入り込みます。すると炎症を起こしてニキビのようになってしまいます。これが毛嚢炎です。炎症が治まっても汚い跡が残ってしまう場合があります。


出血

血が出る

毛根部を引きちぎったり、毛穴の中で毛根が摩擦することで傷がついて、血が出ることがあります。


黒いポツポツ

黒いポツポツ

ワックスでのムダ毛処理は、毛穴を広げてしまいがちです。広がってしまった毛穴には黒くて汚いものが溜まりやすく、黒いぶつぶつに見えてしまいます。

また埋没毛や色素沈着も、黒くポツポツとして見えてしまいます。

脱毛ワックスの選び方

脱毛ワックスの選び方

使用するワックス剤にもいろんな種類があります。

  • 固形ワックスは、温めたワックス剤を塗って、固まったらそのまま剥がすタイプ
  • 油性ワックスは、温めたワックス剤を塗った上からペーパーをあてて剥がすタイプ
  • 水性ワックスは、ワックス剤を塗った上からペーパーをあてて剥がすタイプ
  • ワックスシート(脱毛テープ)はワックス剤のついたシートや粘着テープを貼って剥がすタイプ
    ドラッグストアなどでも手に入ります。

温めて柔らかくしてから使用するワックス剤は、慣れるまでは温度調節がうまくできず、火傷してしまう場合もありまです。

水性ワックスには温めずにそのまま使える商品もあるので、最初はそういったものを選ぶと良いでしょう。