部位ごとのムダ毛処理

ムダ毛を処理する部位ムダ毛を処理する部位は人によってそれぞれ違います。

でも、「ここは処理しなくても大丈夫かな?」、「この箇所の処理方法は、これでいいのかな?」と、迷っている人も多いのではないでしょうか?

処理する各部位

ワキ

ワキワキは、ほとんどの女性が処理しています。そのため処理していることが当たり前となっていて、怠ると美意識が薄いように思われてしまいます。

他人のワキ毛の処理跡が気になることがあるように、他人からもよく見られている部分です。

脚脚の綺麗な女性は、女性の目から見ても素敵なものですね。

脚のムダ毛処理は、すねやももを出すファッションの時には欠かせません。

しかし自己処理して失敗すると、カサカサして見えたり黒いポツポツが出来たりと、結局足を出すファッションは出来なくなってしまいます。

腕脚と比べると処理していない方も多いようです。

しかし他人からはしっかり見られています。特に夏場は隠しようがありませんので、気をつけましょう。

意外と見られているのは手の甲や指の毛です。ここは一年中露出している部分なので、気をつけたいところです。

アンダーヘア(V・I・Oライン)

アンダーヘアアンダーヘアの濃さ、多さに悩みを持つ方も多いようで、処理する方も増えてきているようです。

かわいい下着を着るときにはビキニラインの処理は欠かせません。またデリケートゾーン(I・Oライン)は生理の時に邪魔になるという理由で、なくしてしまう方も多いようです。

体の前面

体の前乳輪周りやお腹など、女性としてあってはならない場所にムダ毛があると、たとえそれがムダ毛の処理跡だったとしても、発見された場合は残念な結果を生むことになってしまいます。

体の背面(後ろ)

体の後ろ背中や襟足は自分では見えない場所ですので、見る機会も少ないと思いますが、一度どうなっているのかチェックしてみた方が良いでしょう。

顔のムダ毛処理口周りのムダ毛や顔の産毛をカミソリで処理している方も多いのではないでしょうか?しかし、顔の肌は他の部分と比べてデリケートですので、負担がかかりやすい部分です。

ヒリヒリして赤らんだり乾燥したりと肌を汚く見せてしまうだけでなく、これを繰り返していると皮膚が厚くごわごわになってしまいかねません。

この部位、自己処理と脱毛どっちが得?

ムダ毛を処理する部位は人それぞれ。自己処理でも十分に綺麗にできる部位も多いですよね。

でも、部位によっては脱毛した方が金銭的にも時間的にも、いろんな面でお得な場合があります。何より、毛の生えないツルスベ肌は「一生の財産」ですよね。

自己処理で十分な部位

ムダ毛の自己処理は肌を傷めやすく、長期で見ると結構お金がかかりますので、基本的にはおススメはできません。でも処理をしないというわけにはいきませんよね。

  • 肌の強い部分や、
  • 毛が薄くて目立たない部分
  • 頻繁な処理が必要でない部位

なら「肌への負担」や「処理頻度」も少ないので、ムダ毛を自分で処理しても「損」をすることも少ないでしょう。

脱毛した方がお得な部位

  • ワキやひざ下、ひじ下のように頻繁に処理が必要な箇所

は、自己処理だと費用がバカになりません。月400円でも30年なら14万4千円です。これだけのお金があれば、脱毛できちゃいますし、脱毛したらもう処理いらずです。

  • 肌が弱く色素沈着を起こしやすい部位
  • 顔のように肌がデリケートな箇所

は、脱毛してムダ毛の処理がいらない状態にすると、処理にかけていた時間も節約でますし、処理ダメージがなくなり肌もキレイに保てます。

また、

  • アンダーヘアのように毛が目立ってはいけない部位や、
  • 背中や腰など自分で処理することが難しい部位

は、脱毛して処理の要らない状態にしておくと、いつ誰に見られても安心です。少なくとも恋愛面で「ムダ毛が原因の大損失」をすることはなくなりますね。

  • 全てのムダ毛の悩みから解放されたい

という人は、全身脱毛するという手もあります。「全身」のセットだと料金はすごくお得です。