ムダ毛処理

ムダ毛処理の悩み

多くの女性の悩みのタネであるムダ毛。
最近では男性でもムダ毛のお手入れをしている人が増えているそうです。

ムダ毛処理の方法もいろいろありますが、ご自身に最適な方法で行っていらっしゃいますでしょうか?

ムダ毛の自己処理のやり方必要以上に肌に負担を掛けてしまうと肌が汚くなってしまいますし、
無駄に時間やお金を使うと勿体ないです。

まずはどんな方法があるのか、またそれぞれのメリットやデメリットといった「知識」を身につけて、
ご自身に合った一番いい方法を見つけましょう。

いろいろな、ムダ毛処理の方法

ムダ毛の処理には、

自己処理
カミソリや毛抜きなど日常的な処理

脱毛
毛を生えなくしてお手入れ不要にする方法

大きく分けるとこの二つがあります。

自己処理 (日頃、自分でするムダ毛処理)

ムダ毛の自己処理方法

自己処理の方法、いろいろ

自宅でできる方法も、剃る抜く焼き切る薬剤を使うなど様々です。

毛を「剃る」方法

カミソリカミソリは最も手軽で簡単な方法ですが、肌へのダメージが特に大きいとされています。

電気シェーバー電気シェーバーは肌への負担は少ないですが、深剃りができません。

トリマートリマーはペンタイプの機械で、刃は小さなバリカンのようになっています。産毛など細い毛に向いています。


毛を「抜く」方法

毛抜き毛抜き(ピンセット)は、抜いた毛はしばらく生えてこないというメリットの反面、毛穴へのダメージが大きいです。

ワックスワックスや脱毛テープは、広範囲の毛を一度に抜くことができますが、毛穴だけでなく皮膚にも大きな負担が掛かります。

電動毛抜き電動毛抜きは、毛をスピーディーに抜いてくれる機械です。毛穴のトラブルが非常に多く、埋もれ毛ができやすいです。


毛を「焼き切る」方法

熱線式の除毛器熱線式の除毛器は、肌の上を滑らせると熱線が毛を焼き切る機械です。毛先が丸くチクチクしないというメリットがありますが、ヤケドの心配もあります。

ヒートカッターヒートカッターは、Vライン(ビキニライン)のはみ出し部分を熱線でカットします。


「薬剤を使う」方法

除毛クリーム除毛剤(クリーム)は、毛を溶かす薬剤です。毛はキレイに処理できますが、肌に大きな負担が掛かります。

脱色剤脱色剤は、毛の色を抜いて薄くする薬剤です。メリットが少ない反面、毛が伸びると根元が黒い、肌への負担が非常に大きいなどデメリットが多いです。

電気シェーバー抑毛剤は毛の成長を緩やかにしたり、毛を細くすることができます。肌に負担は掛かりませんが、問題は効果に個人差があり効かない場合もあることや、掛かる費用が高いことです。

処理ダメージに注意!

自己処理はトラブルの元カミソリや毛抜きなど、刺激の大きい処理方法はダメージに注意してください。

皮膚の乾燥、硬化、黒ずみ、毛穴の開きなど、肌の美しさを失わせます。

また、日常的なダメージは蓄積して、数年後~数十年後には「決定的な差」としてお肌に表れます。

ムダ毛の処理は「女性のマナー」

処理し忘れ、見られる現代では女性のムダ毛が目立つことは少ないですよね。

そのため、たましか見かけないからこそ、「女性のムダ毛」や「ポツポツとした処理跡」は、余計に「汚らしく」感じてしまいます。

女性のムダ毛が、他人に「不快感」を与えてしまうのです。

また、「女性はムダ毛をキチンと処理している」、「ムダ毛が生えない」と思っている男性が少なくはなく、
「他の女性にできていることができない、だらしない女性」と思われてしまうこともあります。

意外と費用が掛かる?

自己処理の費用一回一回の費用はさほどでもありませんが、何年もムダ毛の自己処理を行っていると意外と費用がかさんでいます。

ちなみに、費用が「安い」とされているカミソリでの処理も、
1個200円のカミソリの替刃を2週間ごとに交換すると…
30年間で、替刃だけで15万6千円です。

ホルダーやシェービング剤、アフターローションも合わせると、20~30万円くらいは掛かってしまいますね。

脱毛で、毛が生えてこないようにする

脱毛すると、毛が生えにくくなる

脱毛は、毛を生えなくする処理

毛のないツルツル肌脱毛処理をすると、毛が「生えなく」、または「生えにくく」なります。
完了後は、ムダ毛のお手入れをほとんどしなくても良くなります。

ムダ毛処理のわずらわしさから解放されたい
いつもツルツルのキレイな肌でいたい
という方にオススメです。

毛を薄くすることも可能

毛を薄くする脱毛は、処理するごとに毛が細く、本数も少なくなり、最後には全く生えてこなくなります。

完璧を求めるなら10回~20回の処理が必要ですが、数回でも十分に毛は薄くなります。

意外と安い!

値段が安い最近ではずいぶん料金が安くなり、気軽に出来るようになりました。

エステ(サロン)なら、
ワキだけなら1000円以内でツルスベに。
小さな部位なら1年間で1万5000円ほど、
全身脱毛なら1年間で10万円くらいです。

家庭用脱毛器なら
自宅で、サロンやクリニックと同じ脱毛処理ができる家庭用脱毛器なら、
価格も3万円~とお手頃です。
しかも1台あれば全身を脱毛し放題。

ムダ毛を処理する部位

みんなはどこを処理している?

ムダ毛を処理する部位は、人によってさまざま。

  • 処理している割合が最も多いのは、ダントツで「ワキ
  • 次に「」や「
  • 顔(特に口周り)」、「アンダーヘア」も、処理する女性が比較的多いです
  • 手足の指」、「背中」、「」、「お腹」は上記の部位に比べると少数派ですが、それでも結構いらっしゃいます

みんなが処理していない部位ほど、要注意!

みんながあまり処理しないのは、その部位の毛が「薄くて目立ちにくい」からです。

ですので、「指の毛は処理する人が少ないの?じゃあ私もしてなくて大丈夫ね♪」というわけにはいきません。

他の女性には生えていない毛」が生えていたとしたら、男性はもちろん、女性からもドン引きされてしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

いろんな部位のムダ毛が、見られています

ムダ毛に関するアンケートを見ていますと、みなさん他人のムダ毛をよく見ていて、いろんなことを思っていることに気づかされます。

あなたが油断して「見られていないはず」のムダ毛も、意外としっかり見られているかもしれませんね。

笑われたり残念がられたりするだけならまだしも、仕事面でのマイナスや男女の別れにつながることもありますので、「こんな箇所、誰も見てないでしょ?」と油断するのは禁物ですよ。

 

ムダ毛に関するアンケート結果

ムダ毛関連アンケート

「処理方法」や「毛」の悩み、困ったこと、体験談、など「ムダ毛に対する意識」を調査しました。


人それぞれ、いろんな方法でムダ毛を処理していらっしゃいます。同じ方法でもやり方や悩み、満足度もまた人それぞれですね。


女性に、脇、腕、脚、アンダーヘアなど、部位別ごとの「ムダ毛」に関する「失敗談」や、「悩み」、「女性のムダ毛が気になった体験」のアンケートを実施しました。


男性はあまり女性のムダ毛を指摘しません。「気にならないから」「気になるけど…言えない」「言ったらキレられた」いろんな理由がありますね。

脱毛経験者に聞いた、口コミ・体験談

家庭用脱毛器を実際に使用した人の体験談。早くに効果を感じている人や、5年かかって少し毛が減った気がすると感じている人、やはり機種によって効果の差は歴然ですね。


脱毛サロンに通った体験談。なぜサロン脱毛をしたのか、なぜそのサロンを選んだのか、効果や接客など、経験者の意見も参考にどうぞ。

オススメの処理方法は?

おすすめの処理方法

多くの人が、「一番いいムダ毛処理方法が分からないので、とりあえずカミソリで…」を長年続けているようです。

でも残念ながら、「安くて、手軽で、ダメージが少なく、仕上がりがキレイ」な自己処理方法に出会うことは、この先もないでしょう。
そんな処理方法は存在しないからです。

今これに最も近い方法が、「脱毛」です。

自己処理するなら?

自己処理のオススメは電気シェーバー

自己処理方法でオススメするとすれば、「電気シェーバー」です。

決して仕上がりがキレイなワケではありませんが、肌を傷めにくいところがポイントです。

これ以上ダメージの大きい方法は、たとえムダ毛はキレイに無くなったとしても、肌や毛穴が汚く見えるのでやらない方が良いです。

カミソリは?

ムダ毛の自己処理は肌を傷めるカミソリ」は肌ダメージが大きく、オススメしません。

肌ダメージは乾燥、黒ずみなど、「見た目」や「触り心地」が悪くなるだけでなく、
お肌の老化も進めてしまいます。

いずれはカミソリの刺激に耐えられないお肌になってしまうので、早めに卒業することをおすすめします。

一時的に使用するなら、逆剃り、空剃り(肌に何も付けずに剃る)、ボディーソープの泡で剃る、肌に押しつけて剃るなどせず、
必ずワセリンやシェービングクリームを塗って、毛の流れに沿ってやさしく剃る。また化粧水などでアフターケアはしっかり行って下さい。

毛抜きは?

毛抜き(ピンセット)に限らず、電動毛抜きや脱毛ワックスなど「毛を引き抜く」方法は、
絶対にやらない方が良いです。

毛穴がポツポツと汚くなってしまい、元に戻らないことも多いです。

除毛クリームや抑毛剤は?

「除毛剤(脱毛クリーム)」を使用すればカミソリよりもキレイに毛を処理することもできます。
ですが肌への負担があまりにも大きく、日常的なお手入れ方法としては不向きです。使うなら「イザ!」というときだけにしましょう。

「抑毛ローション・ジェル」を使用すれば、 毛が薄くなる場合もありますが、全く効かない場合もあります。
しかも効果は一時的ですので、使い続けなければいけません。すると結構お金が掛かってしまいます。

やっぱり「脱毛」がイチバンおすすめ

部位にもよりますが、当サイトではやはり脱毛が一番のオススメ方法です。

カミソリで自己処理したワキ

カミソリで自己処理したワキ

※ 画像↑は押すと拡大できます(スマホ)

なぜ脱毛がいいのか?

ムダ毛のお手入れをしなくてもよくなる

  • もうムダ毛の処理に、時間や手間、お金を掛けなくてもよくなる
  • 自己処理で肌を汚くしないで済む

いつでもツルツル、スベスベ

  • いつ誰に見られても、触られても大丈夫
  • もうムダ毛で恥ずかしい思いをしない
  • 肌に自信♪だからファッションの幅も広がる

など、多くのメリットがあるからです。

どんなにキレイに「自己処理」しても、毛が生えず肌も綺麗な「脱毛」とでは勝負になりません。

今、脱毛はすごく安い♪

問題はその費用でしたが、
「光脱毛」という技術の登場により、ここ数年間で格段に安くなりました。

昔は100万円以上掛かっていた費用がいまでは、
小パーツ:1万5000円~
大パーツ:3万円~
全身:10万円~

家庭用脱毛器なら、
3万円~で全身ツルスベも可能です。

わずか数百円~数万円の費用で、ムダ毛の悩みが楽になるということが、オススメするイチバンの理由です。

脱毛する人が増えてきています

毛がないキレイな肌多くの人が自己処理をやめて脱毛を開始しています。

20代~30代女性では、
全身脱毛した割合は20%、
脱毛を経験している割合は50%。

脱毛していない方が「少数派」な時代に突入した、ということですね。

おすすめ脱毛方法は?

 

みんながやってる脱毛方法は、
「脱毛サロン(エステ)」です。

料金がリーズナブルで、キャンペーンを利用するとさらにお得。

サロンならミュゼプラチナムがオススメ

ミュゼ店舗数・売り上げ、7年連続 No.1 (東京商工リサーチ調べ:2018年7月)

「接客の感じが良い」という口コミが多く、無理な勧誘がありません。

唯一の欠点だった、「ミュゼに人気が集中して予約が取りにくい」ということも、高速マシンの導入で解消されています。

今回の「キャンペーン」が凄い♪

 

超!低予算で、何ヵ所も脱毛したいなら、
「家庭用脱毛器」がオススメです。

機械の購入に費用が掛かりますが、あとは「使い放題」。だから、

  • 少ない費用で何ヵ所でも、全身脱毛も可能
  • 満足いくまで使えるから、仕上がりがキレイ
  • 頻繁な処理も可能。だから短期間で脱毛が完了する

脱毛器ならケノンがオススメ

ケノン・医師も推奨する高性能
・「光美顔器」としても使用できます
・月々3300円~の分割払いもOK
・通常98,000円 → 69,800円

ハイパワー&スピーディーだから、短時間で処理完了、短期間でツルスベに。

扱いやすく高機能だから、「ながら作業」で処理できます。

おすすめ
ムダ毛処理方法

ランキング

サロン・エステ 一覧脱毛器 一覧